HOME > 検証審査・自己適合宣言とは

検証審査・自己適合宣言とは

ISO自己適合宣言のお勧め

自己適合宣言とは

自己適合宣言の国際規格は ISO/IEC17050:2004(JIS Q 17050:2005)として制定され、
適合性の保証と適合宣言に対する責任の所在が明確になりました。
ISO 14001:2015 環境マネジメントシステム規格では、『序文 0.5 この国際規格の内容』の中で、下記のように明記されています。

この国際規格は、適合を評価するために用いる要求事項を規定している。
組織は、次のいずれかの方法によって、この国際規格への適合を実証することができる。

― 自己決定し、自己宣言する。
― 適合について、組織に対して利害関係を持つ人、又はグループ、例えば顧客などによる確認を求める。
― 自己宣言について組織外部の人又はグループによる確認を求める。
― 外部機関による環境マネジメントシステムの認証・登録を求める。

●この規格の中で、「- 自己宣言について組織外部の人又はグループによる確認を求める。」が当協会における検証審査/自己適合宣言に該当します。これは、自分たちの力で活動を行い、第三者が公平な視点をもって公正・中立な検証審査を行います。
●ISO 適合の評価方法は上記4項目のどれを選択しても良いと ISO 規格の中で定めています。
●自助努力で国際マネジメントシステムを築き上げるため、経営に直結した成果が得られやすくなります。

当協会は、大きく分けて4つの事業活動を展開しております。

1.ISOマネジメントシステム国際規格の検証審査事業(実積紹介)

国際規格の資格認定登録審査員による、ISO 9000、ISO 14000シリーズなどの、ISO自己適合宣言実施のための検証審査を行っています。

当協会の実積をご紹介致します。

詳しくはこちら

2.マネジメントシステム国際規格の普及事業

①マネジメントシステム国際規格の普及を図るための技術研修を行っています。
また、一般の方が参加できる講演会なども開催しています。
②ISO著書出版、他

3.環境教育事業

環境研修会、品質研修会などを行っています。

4.教育研修事業

①ISO技術研修等
②NPO研修会
③ポリテクセンターへの訓練実施機関としての教育研修事業を実施しています。

詳しくはこちら

当協会は、事業内容のご理解を容易に頂くために、お客様向けの簡便なパンフレットを用意してあります。