HOME > 理事長挨拶/経営理念

理事長挨拶/経営理念

理事長挨拶

当協会は、全国に「自己適合宣言/検証審査」を普及させたいという想いから2007年に設立しました。  
定款に定めた、当協会の事業は、次の通りです。
   1)マネジメントシステム国際規格の検証審査事業と普及事業
   2)環境教育事業
   3)教育研修事業

お陰さまで、少しずつマネジメントシステム国際規格である「自己適合宣言/検証審査」が理解され、全国に広まってきています。この自己適合宣言は、国際規格のISO17050:2004シリーズで制定され、国際的に認められた方法です。
 また、ISO9001やISO14001は、2015年9月に大きく改訂されました。
自社を取り巻く外部、内部の環境把握や利害関係者のヒアリングを通じて、リスク及び機会を設定しなければならなくなりました。
 これは、流出不良の削減や、環境負荷軽減はもとより、改正では企業が発展するために望ましいと思われる積極的な施策を求めています。また、このISOを事業プロセスへの統合も求められるようになりました。
 これらから、ISO9001やISO14001が経営マネジメントの檜舞台に立つようになりました。
今後、ISO2015年版を活用することにより、企業の成長発展に大きく寄与していくものと思われます。
   当協会の洗練された審査員が、貴社の業務に即した適切な審査を実施致します。
  また、企業に必要な人材育成のため、経験豊かな講師が研修を行っていきます。
  是非、当協会を利用されますよう、お願い申し上げます。

NPO法人SDC検証審査協会

理事長 鈴木宣二

経営理念

地球環境改善や温室効果ガス削減は、全世界の必須事項であります。
この一翼を担う国際環境マネジメントシステム規格ISO14001や国際品質マネジメントシステム規格ISO9001、 その他の国際マネジメントシステム規格は、欧米や日本をはじめ多くの国々で普及し大きな役割を果たしています。
更に多くの企業が国際マネジメントシステム規格に沿って事業活動することにより 大きな社会的・経済的貢献が期待されています。
今後の更なる発展には、次の三点が切望されています。

1. 経営に役立つ活用
2. 審査費用を安くし、形式化を廃す
3. 自主活動と自己責任の意識改革

その具体策として「検証審査/自己適合宣言」を提唱します。 当協会が企業様をISO規格にて検証審査をし、適切であればISO適合証明をします。 企業様はこれを根拠に自己適合宣言を行い、業務にISO適用・実行します。
初回審査、サーべイランス審査、更新審査はISO規格に準拠し行います。 この方法により節減された経費は、環境改善や仕事の質的向上に投資されることを推奨します。
そして、審査を担当される方々の育成・資質の向上の貢献すること。 ISO普及活動では、正しく・無駄なく普及を推進すると共に、 ISOをいろいろな経営改善手法と組み合わせ活用することにより、 経営改善の更なる相乗効果をはかり、産業振興・社会貢献することが NPO法人のミッションと考えております。
当協会では実務経験および審査経験が豊富な審査員が、 現場の実践活動に即した親切な審査を実施します。
当協会を是非ご活用されますよう、お願い申し上げます。

V-SDCの【V】の意味は
1. Verification・・・・・・・検証
2. Value ・・・・・・・・・・価値
3. Victory ・・・・・・・・・勝利
等の意味合いが込められています。

V-SDCの【SDC】の意味は
自己適合宣言(SDC) =Self-Declaration of Conformity
の意味合いが込められています。